ブログ

軍用 アサルトライフル M-16

今回は2018年2月14日に起きました、アメリカのフロリダの高校で起きた銃乱射事件について
私個人の意見や感想を述べたいと思います。

まず、この事件の詳細を書きます。
・場所はアメリカ合衆国、フロリダ州パークランドのマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校です。
・時間は14時半ごろ
・犯行に使われた銃は「AR-15」で、軍用アサルトライフルである「M-16」の民間向けモデルです。

※フロリダ州オーランドナイトクラブ銃乱射事件でも使用された銃

・容疑者は当時19歳の元生徒であるニコラス・クルーズ容疑者(発砲した本人)と
スコット・ピーターソン容疑者(高校の警備担当の当時警察官)

この事件はニコラス容疑者が高校の校門前で3名を
射殺→校内に侵入→火災報知器を自ら作動→発砲開始、、、と言う流れだったそうです。
しかもニコラス容疑者は複数のマガジンも所持していたそうで
明らかな計画的犯行だと言うことがわかります。
ニコラス容疑者は普段SNSへ自身がハンティングナイフを持った写真や動物虐待に近い投稿をしていたそうです。
犯行に及ぶ前から周囲には少し危ない人と言う認識をされていたんだと思います。
そして、この事件が起きてしまった結果高校生らが17人も亡くなってしまった。
ニコラス容疑者が当時どのような感情や考えで行動を取っていたかは、全くもって理解する事が出来ません。

もう一人の容疑者である、スコット・ピーターソン容疑者は当時警察官であり同高校の警備を担当していました。
そんな彼が何故捕まったのかと言いますと、事件当時にスコット容疑者は校舎の外におり
そんな中発砲音が聞こえたにも関わらずそのまま外で待機約4分間待機していたそうです。
その事から警察は発砲音が聞こえた後の対処をしなかったと強く非難して容疑者として逮捕しました。
と、ここまでが警察側の意見ですが、スコット容疑者側の意見もあり
事件当時は発砲音については爆竹が鳴ったと言う通報を受け現場に走り近くにつれ銃声だと気付いたそうです。
スコット容疑者はすぐさま物陰に隠れて状況を確認するように訓練を受けてきて
その訓練通りに行動しそのまま保安官事務所に一報入れ、[厳戒警報]を発動し高校の敷地を完全に封鎖したそうです。
この時にスコット容疑者は駆けつけた警察官に犯人は外にいると言っており、無線に入れた言葉から証拠もあるそうです。
このようにスコット容疑者側の意見も聞くと一概に仕事をしていなかったと言う判断に至るには難しいと思います。
スコット容疑者はしっかり訓練通りに行動を移し対処していたが、
彼が間違ったのは犯人の居場所を校舎外だと判断してしまった点です。
恐らくその部分を周りは誇張して責め立てているのだと私は思いました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る