ブログ

対物ライフルの先駆けとなった バレット M82

対物ライフルの先駆けとなった バレット M82

・開発元
開発及び製造はアメリカのバレット・ファイアーアームズ(バレット)社による、大型のセミオート式狙撃銃です。

・開発背景
第二次世界大戦当時にブローニングM2重機関銃にスコープを付け単発射撃にしての遠距離狙撃により
大口径小銃弾による超遠距離からの対人狙撃戦術が非常に有効である事が証明されました。
そのことから「一狙撃手の武器携行能力の範囲内で、超遠距離の目標を確実に制圧する為の兵器。」
というコンセプトの元開発された銃です。

・特徴
弾薬にはブローニングM2重機関銃の12.7mm×99BMGと同規格ながら狙撃専用に再設計された.50BMG弾を使用し
重厚かつ高精度な銃身を組み合わせることで2Kmに迫る有効射程と一撃必殺の威力を持っており
コンクリート製の壁ぐらいでしたら、紙のように貫く威力を誇っています。
また、13kgという銃の中では大変重く、それに大型のマズルブレーキ
極めて低速で動作するショートリコイル機構によってある程度反動は押さえ込まれる為
セミオート射撃による継続的制圧力も持っています。

弱点はその重さと銃本体の大きさにより狙撃銃としては携行はできるが携行しにくく
弾薬から出る大量のガスで銃口から巻き上がる砂埃や閃光(マズルフラッシュ)が大きく
マズルブレーキから噴射される発射煙は射手を覆うほど大量に発生してしまい狙撃位置がバレやすいという欠点があります。

バレットM82の携行性・汎用性を重視した設計により
一般の歩兵でも携行することで容易に長距離の対物戦闘能力を持つことが可能となり
列強諸国の戦場での優位性をより確固なものとし、戦後から現代にかけての近代戦における「対物ライフル」という銃の種別
そして運用概念の先駆けとなりました。
これらの功績が認められ、バレットM82は2005年には米軍の選ぶ
「アメリカ歴史上最も偉大な10の(兵器に関する)発明」の1つに選ばれています。

・問題点
バレットM82は人を撃つと言うより物を破壊するアンチマテリアルなので高威力です。
その事からしばしば「人体に対しては威力が過剰に高く
ハーグ陸戦条約に抵触するため自粛が求められている」兵器とも言われておりますが
実際のところはNATO各国軍の主要重機関銃であるブローニングM2重機関銃と威力は同程度であり
条約に違反するものではないそうです。
ただし炸裂・焼夷能力のあるRaufossMk211弾に関して一部では自粛を求める声が上がっているが
現状は通常通りに対人火器として使用されています。

今回もありがとうございました!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る